加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)とは一体どんな病気?

加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。脈絡膜新生血管を伴う「滲出型」と、細胞の組織が徐々に萎縮する「萎縮型」に分類されます。一般にはなじみの薄い病名かもしれませんが、近年日本でも、高齢化や生活の欧米化により急増しています。糖尿病網膜症・緑内障とともに、失明を引き起こす病気の一つですので、予防も重要です。当院ではアムスラー検査や最新機器OCTにより、早期発見が可能です。

amd_01.gif
イラスト協力:参天製薬

加齢黄斑変性はどんな症状が起きるの?

モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。両目で見るとあまり気にならないことがあるので、必ず片目ずつで確かめます。

amd_02.gif
イラスト協力:参天製薬

加齢黄斑変性はどうやって治療するの?
  • 「滲出型(しんしゅつがた)」
    薬物治療・光線力学的療法など、いくつかの治療法があります。治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。視力が良くなることもありますが、残念ながら視力が正常になることはほとんどありません。
  • 「萎縮型(いしゅくがた)」
    治療は必要ありません。ただし、「滲出型」に移行して急激に視力が低下することがあるので、定期的な検診が必要です。

加齢黄斑変性はどうやって予防するの?
  • 禁煙:喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。
  • 食事:緑黄色野菜は、加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。目や身体全体の健康維持のためにも、普段からバランスのとれた食生活を心掛けましょう。
  • サプリメント:ルテイン入りのサプリメントの内服がお勧めです。ルテインとは、ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種です。人の体内にも主要なカロテノイドとして存在するものですが、体内で生成することはできません。
    サプリメントは、片方の目に加齢黄斑変性が発症した人や、日頃から野菜不足の方には、とくにお勧めです。
    当院ではサプリメントの取り扱いもしております。サンプルがありますので、受付にお声がけください。

ご連絡先

高橋眼科クリニック

〒246-0037
神奈川県横浜市瀬谷区橋戸 2-31-3
グランデュールプラザ2F
※瀬谷医療タウン内

 045-302-6337

高橋眼科クリニック

高橋眼科クリニックのホームページにようこそ。当院は平成15年の9月に開院しました。最近は瀬谷区を始め、旭区、泉区、大和市などの離れた地域からも多くの患者様に来院いただいております。

地域に密着した患者様のための眼科を目指し、更に努力していく所存です。高橋眼科クリニックを宜しくお願い申し上げます。

SEARCH