最新医療機器

最近の医療機器の進歩はめざましく、当院では最新の医療機器を揃え、白内障手術や緑内障、その他の疾患に対しても最良の医療と心地よい医療環境をご提供し、患者様にご満足いただいております。

iol_master01.jpg

光学式眼軸長測定装置(IOLマスター)

眼軸長(眼球の奥行)を測定する器械です。

白内障の手術行うには、眼軸長を測定して目の中に入れる人工のレンズの度数を決めますが、ILOマスターは、従来の機器とは異なり、器械が眼球に触れずに測定できるので、痛みもなく、患者様の負担が少ない上に、非常に精度の高い検査結果を得ることができます。

超音波白内障手術装置(インフィニティ ビジョンシステム)

最も普及している超音波白内障手術装置です。

白内障の手術は、濁って硬くなった水晶体を砕いて吸引し、そこへ眼内レンズを挿入するのですが、この装置は超音波の振動で硬くなった水晶体を砕くのと同時に、砕いた水晶体を吸引することができ、さらに術中の眼内圧を保てます。

短い時間で手術ができるので、患者様の負担が少なく、かつ安全に手術を行うことができます。

infiniti_vision01.jpg
microscope01.jpg

角膜内皮細胞測定装置(スペキュラーマイクロスコープ)

角膜の一番内側にある細胞(角膜内皮細胞)の写真を撮り、その形や数を測定する器械です。

角膜内皮細胞は角膜の透明性を保つとても重要な組織で、一度傷むと再生しません。角膜の病気や白内障の手術前・手術後、コンタクトレンズを安全に使用する際の検査として行うことがあります。

網膜レーザー光凝固装置(パスカル)

網膜裂孔、眼底出血、糖尿病網膜症などのレーザー治療で使用する最新の装置です。

従来型のレーザーでは治療時に目の痛みを伴っていましたが、パスカルを使用することにより極めて痛みが少なくて済みます。さらに治療に要する時間も短縮され患者様の負担も軽減されます。
pascal01.jpg
3d_oct01.jpg

光干渉断層計(3D OCT)

網膜の断層撮影をし、画像解析をする装置です。

緑内障や黄斑部(視覚の最も鋭敏な部分)疾患や網膜疾患を早期に発見するためにもOCTは有用です。

目の奥の視神経線維層の厚みや視神経乳頭の陥凹の程度の測定をし正常の人と比較した解析ができるため、緑内障の早期発見、進行具合の判定、経過観察にも必要な検査機器です。また、OCTを必要とする代表的な疾患として、加齢黄斑変性・黄斑浮腫・黄斑円孔・黄斑上膜・網膜剥離・糖尿病網膜症などが挙げられます。

ご連絡先

高橋眼科クリニック

〒246-0037
神奈川県横浜市瀬谷区橋戸 2-31-3
グランデュールプラザ2F
※瀬谷医療タウン内

 045-302-6337

高橋眼科クリニック

高橋眼科クリニックのホームページにようこそ。当院は平成15年の9月に開院しました。最近は瀬谷区を始め、旭区、泉区、大和市などの離れた地域からも多くの患者様に来院いただいております。

地域に密着した患者様のための眼科を目指し、更に努力していく所存です。高橋眼科クリニックを宜しくお願い申し上げます。

SEARCH