学校からの眼科検診のすすめ

5月に入り、学校からの〔眼科受診のすすめ〕で来院されるお子さまが増えてきました。

メガネがある場合には、忘れずにお持ちいただくようお願いします。

高橋眼科クリニックでは、裸眼視力・矯正視力・ご自身のメガネでの視力を検査したうえで、学校からの用紙に記入しています。

検査の結果でメガネ処方が必要な場合には、随時行いますのでご相談ください。

 

また、お子さまの検査結果や診察の結果次第ですが、以下の場合はより精密な検査を行うことがあります。

・遠視や乱視が強い場合

・調節力が強い場合

・斜視がある場合

・左右の視力に大きな差がある場合(不同視)

・弱視の疑いがある場合  などなど。

 

視機能の成長はおよそ8歳くらいで形成されると言われていますので、子どもの弱視の場合はなるべく早い段階で治療を開始することが重要となります。

ふだん問題のないように思えても、学校からプリントを受け取ったら早めに眼科を受診なさってくださいね。

(※画像は検査イメージです。)